監督メッセージ

【新入生への一言】

学生生活は、案外短いもの。本当に意義ある時間にしたいけど何をしたら…と思う人も多くいるのではないかと思います。

少林寺拳法は武道ですが、腕っぷしの強さを磨くだけのものではなく、自己確立と社会のリーダーとなれる人を育てることを大きな目的にしています。人としての魅力と自信を持つ良い道です。と小難しいこと言わずとも…少林寺拳法は"最高のおもちゃ箱"。身体と頭と、両方で楽しみ感動して、折角の学生生活の価値を最大限高めてもらえる事と思います。

慶應理工は本当に雰囲気良い部です。いかにも体育会的理不尽な事とかなしに、しっかり強くなれる技術と仲間がいます。
人生の楽しみを得たい人、勿論単に気になっただけの人、、みんなお待ちしてます。

【今年の抱負】

監督となって10年。2〜3人程度のスタートを考えれば、この部は大きく成長しました。

でもまだまだ。大学拳法部だからこの程度で満足というのでは勿体ない。

人間の身体、武道の技、そこには学生生活すべてをかけても余りある深さがあり、人生への治験を深めてくれます。

それを存分に知り、楽しめる事、それにより圧倒的な次元の強さへとシフトチェンジする一歩を踏み出すことが、今年のビジョンであり、そのための重点目標は、投げ、運用法、そして根本的な身体能力の3つです。

過去に捉われず、捨てでも先を得るという覚悟で進みましょう。そして慶應理工にさらなる誇りを持ち真の感動をともにする最高の時間を1年間一緒に持ち続けたいと思います。

お知らせ

SIDE MENUからご覧になりたい部員紹介をお選びください

blog

QR